興信所の調査業務は?


興信所の仕事はどんな仕事をしているのか素人ではまったくわかりません。むしろ日常からかけ離れすぎてしまって、仕事をイメージすることも難しいかもしれません。
基本的に探偵の仕事は地味なものです。テレビやマンガなどに出てくるような探偵の仕事のイメージは全くアテになりません。
そもそも、殺人事件に探偵が出くわすことはまずないですし、探偵が警察を関わることはほとんどありません。
基本的に興信所の仕事は尾行をしたり、張り込みをしたり、独自のルートを使って情報を入手したりします。
一昔前の興信所の仕事は足をつかってターゲットの行動を探るものが多かったのですが、今の興信所の仕事はさまざまなハイテク機器を使っています。
ターゲットの調査をするときも発信器を付けたり、GPSを付けたりしてターゲットがどのような行動をとっているのかがすぐにわかるようになっています。
また、ターゲットがホテルに入ったときにどんなことを話しているのか、ということもレーザー音波機を使ってほとんど誰にもわからないようにターゲットの会話を盗み聞きすることができます。盗聴器を使った盗聴ではなくレーザー光線を窓に当てて振動で会話を聞き取るものなので、ばれることはありません。こういったハイテク機器を使って興信所はターゲットにばれないように調査を行うのです。
 





Copyright (C) 興信所の料金情報ウェブガイド